お仕事三昧の幸せな3連休

c0343447_07375485.jpg



にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ




おはようございます。
7月の3連休は、お仕事三昧の充実した日々を過ごしました。
私は、徹底的に現場主義。
お客様の今と向き合いその先の未来を共に見据えてお仕事をさせていただいております。

そんな私らしいお仕事の仕方を支えてくださっているのが定期ケアのお客様。
昨日は、10時30分からのお客様が70代 13時からのお客様が80代 15時15分からのお客様が60代と少し私より年上のお姉さま方。

すでに皆様とも10年以上のおつきあいでご家族の健康管理のご相談を受けたりととても深く濃いお付き合いをさせていただいております。

セラピストの仕事は、サロンにご予約をいただいてトリートメントを提供する。
これだけではありません。お客様にして差し上げられることは無限大。

私には、どんなことをして差し上げられるだろうか?そんなことを考えるともう色々なアイディアが溢れてしまって 楽しくて楽しくて・・・・・・。

特に昨日13時からトリートメントをさせていただいた80代のマダムI様と出会ったのは、胃がんで胃を全摘。その後脾臓も切除し、術後の体力回復をサポートしてほしいとお嬢様であるお客様からご依頼を受けてのことでした。

最初は、うつ伏せの背中には、肋骨の形がすべてわかるほど痩せられて体重は、30キロをどうにかキープしているそんな状態でした。

施術する圧にも細部にわたって気を抜けず 施術が終わるころには、私の方が緊張して汗でびっしょりになってしまったほど。

施術直後にI様が、
「丁寧にトリートメントをしていただいて、久しぶりに気持ちよくお昼寝が出来ました。これは、どのぐらいのペースでしてもらえばいいのかしら?」
とI様自ら定期ケアをご希望され、4週に1度の定期ケアがスタートしました。


術後の回復も早く 積極的にアロマテラピーのセルフケアも励行されたI様。
今では、みるみる顔色がよくなられ、もちろん 定期健診の結果も良好。

I様は時々 ご自分が胃を切除していることさえ忘れてしまい食べ過ぎて気持ちが悪くなってしまうと言うほどまでお元気になられました。

胃も脾臓もなくなり、食べ物もおいしくなくて生きているのも嫌になってしまったなんてことがあった方には、到底思えないお元気ぶり。

正直 若返ったと言うのは、こういうことなんだとI様にお会いするといつも実感します。


たった1回のトリートメントで奇跡を呼ぶほど神がかった力は私には、ありません。
でも継続は、力なりでマダムの持つ自然治癒力が確かに目覚め、元気を取り戻すお手伝いを少しだけできたのではないかと思っております。

お客様のために何ができるかを本気で考えた時 それが正解だったと思える幸せな瞬間にセラピストを続けているとたくさん遭遇するようになります。

でもそれは、私の実力ではないし、ましてやゴッドハンドでもなんでもありません。
お客様自身の治りたい 元気になりたい そのお気持ちに寄り添い共に解決策を見出していく中でいいチームとなり、奇跡が起きるのだと私は、思っております。

この仕事は、どれだけ現場で生の声を聞いたか それに応えたか
これにかかっています。

どんなに経験を積んでもいつもフレッシュな気持ちでいること。
そして自分を過信しないこと。

私は、それをI様のようなお客様から教えていただき、そして育てていただいております。
これからもそれは、変わらず 私の先生は、いつでもお客様であると思っております。

今日は、先々月 みなとみらいのおいしいパンケーキ屋さんでご一緒にランチ後、横浜サロンで同伴?トリートメントをさせていただいたK様と馬車道の改札で待ち合わせ。
第2回目の横浜ランチでございます。

どこに連れてっていただくのかよくわかっておりません。K様のお勧めのお店に連れてっていただくことになっております。

夕方は、キャリアマダムのT様の2週に1度の定期ケアを予定しております。

皆様にとって今日も素敵な1日になりますように心よりお祈り申し上げます。
パームツリー越しに暑そうな空を眺めながら愛を込めて!



[PR]
トラックバックURL : https://seasideai.exblog.jp/tb/29636794
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by madamumarine | 2018-07-17 07:42 | セラピストとして | Trackback

ナチュラルエイジングコーディネイター 山内さちこのプライベートブログ


by 藍ちゃんママ